img_01

合宿免許の特徴について

合宿免許と言うのは、一定の期間に宿泊を行い、集中的に講習を受けて、自動車やオートバイなどの運転免許を取得するためのものです。
合宿免許は、短期間で自動車やオートバイの免許を取得出来る事からも、学生などの人々は、夏休みや春休みと言った、比較的長い休みの際に、合宿免許を利用して運転免許を取得する人が多いと言われています。


最近の自動車免許と言うのは、ATとマニュアルの2つの種類に分けられているわけですが、合宿免許は、AT限定であれば約2週間と言う期間で自動車免許を取得する事が可能になります。そのため、合宿免許の一番の利点は、最短で運転免許を取得する事が出来ると言う事です。

また、合宿免許は地方などの場所で行われるケースが多くあることからも、旅行気分を味わえると言うメリットもあります。

運転免許の講習を受けながら、空いている時間を利用して、観光を楽しむ事も可能になります。



宿泊する場所も、ホテルなどの施設を利用する事もありますので、旅の気分を味わえると言うメリットは大きいといえます。

合宿免許のコースの中に、ルームシェアと言う物が有ります。

これは1つの部屋を2名などで借りて寝泊りをするコースです。



通常1人1部屋と言う形になりますが、ルームシェアをする事で宿泊費用を節約する事も可能になるのです。

気心知れた友人と一緒に免許を取りたいという人などにはお勧めのコースと言えます。尚、合宿免許の大半は、パック料金制となっているのが特徴です。

パック料金制と言うのは、自動車免許を取得するための教習費用、宿泊費用、そして3食の食事代と言うものが全て含まれているのです。

また、交通費が含まれている物もあり、費用を大幅に節約する事が可能になります。

また、このパック料金には卒業までの期間が有効となりますので、追加教習での費用などが追加になると言うことが無い合宿免許も有りますので、選ぶ場合などではこのような特典にも注目しておくと便利です。