img_01

合宿免許の運営と旅館について

自動車教習所業界は、顧客の獲得に向けてのサービス合戦となっている業界でもあるのです。
一般的には自動車の運転免許を取得するための施設との認識が強いものでしょうが、実際の所はあくまでも一般の民間企業という扱いですので、そこで働く職員も決して公務員ではないのです。

ですから、新規運転免許を取得する方のための教育機関としても考えられるのですが、一企業として利益を上げなければならないということも考えながら行わなければならない職種でもあるのです。



そう考えますと非常に複雑な感じもするものです。


各自動車教習所が顧客の獲得に向けて様々なサービスを打ち出しております。



中でも合宿免許というサービスの形態がありますが、このサービスは現在では比較的一般的なものともなって参りました。


多くの方がこのサービスを利用されてもいるという現状もあるくらいになっています。

後はこの合宿免許というサービスを利用して、如何に利益を上げるかということを企業側は考えなければなりません。

どの企業にも運営コストという問題が必ずあるものです。

合宿免許の場合、大きな運営コストとなるものは宿泊施設に関するものになります。
自前で寮を構えると、必然的にそのコストは跳ね上がります。従って他との提携がコストの面では望ましいのです。


その中でも旅館はビジネスパートナーとしても有効的なのです。



旅館独自のおもてなしサービスもありながら、相部屋を選択できることで運営コストの削減につながります。

それらが旅館をパートナーとして選ぶ理由にもなります。